2013年3月13日水曜日

ハピメア

全ルートが終わったので適当に感想を書いてきます。
あんまり細かいことは多分書かないけど、ネタバレは結構あると思うので未プレイの人は注意。


とりあえず基本的にキャラのルートごとに雑感を書いていきます。
適当なので別ルートのそのキャラのこととかも書いてあると思うけど、まぁ気にしない方向で・・・
ちなみに攻略順は
景子→弥生→咲→有栖→舞亜→有子
物語の核心に迫っていくという意味では多分こんな感じであってるはず?


景子ルート
裸にシャツだけって姿はやっぱり最強だなぁと思う。
小動物的に可愛くて景子はかなり好きだったけど、物語的にはほとんど核心には触れてなかったかなー。
有栖が自分のことに最後に気付いたり、景子が言ってた今学校に来てない先輩が伏線になってることくらいか。
劇中劇?で時計ワニ役の舞亜さんはなかなかかっこよかった。
さりげなくEPでHシーンあったのって景子だけだった気がする。
EPでの咲との軽い修羅場はとっても楽しかったけど、ちょっと全体的に物足りなかったかなぁ。

弥生ルート
EPの弥生さんとかも好きだけど、主人公と初めて出会った時の弥生さんが凄い好きな感じで困った。
しかし中学生同士(多分)でこの会話って結構痛い子だよなぁ、とちょっと思ったのは秘密。
最後のほうは良い意味でダメな子になっててとてもかわいい。
初めて会った時のあの状態から、最終的にあそこまで持っていくとは主人公さんの力には恐れ入る。
まぁEPでは主人公さんが残念なことになるんですけどねー。

ルート
咲さんは僕の好きな要素が凄いいっぱい詰め込まれている夢のキャラでした。
まぁルートでの咲さんももちろん好きだけど、個人的には他キャラのルートでヤキモチ焼いてたり、透に何かした相手に銃ぶっぱなしてる咲さんが大好きなんですが。
哲也相手に容赦なくスタンガンを使う主人公さんが見れるのもこのルートの素敵なところ。
ストーリー的には咲はもちろんだけど、かなり舞亜が活躍してたかなー。
有栖と舞亜の会話は後々そういうことかーとわかってなかなか楽しい。
最後に舞亜を撃って決別するシーンは、綺麗だけど悲しかった。

有栖ルート
まぁ最後に向けての前章だから仕方ないけど、ラストはかなり物足りない感じ。
夢の中での有栖はギャップ的に凄いえろくてそれはそれで素敵だった。
普段の犬っぽい有栖さんも大好きだけれどねー。是非尻尾と耳を付けて頂きたい。
ストーリー的には、黒幕は実は舞亜じゃなくて別にいる?っていうのが初めて強く出たのかな?
ラストも完全に続きをさっさとやれと言われている感じだった。実際にやりましたけど。

舞亜ルート
本当にこの子が死んでいるのが残念でしょうがない。そりゃ尋常じゃないシスコンにもなるし夢にも見るでしょう。
色々と主人公に意地悪したくなるけど、大好きで結局最後には主人公のために行動しちゃうとても素敵な子です。
最後のルートで、結局いつだって主人公の味方だったんだなぁっていうのがわかってもうね。
もうすでに死んでいるキャラだから 、どうしてもハッピーエンドには至れないのが悲しいけど・・・
まぁでもなんだかんだ、僕の好きな感じのBADENDではあったかなー 。
救いはないし、二人以外はきっと幸せになれないんだろうけど、それでも二人だけは幸せでいられるっていう。

有子ルート
所謂トゥルーエンド。ある意味でハーレムエンドとも言える気がしてしまうルートである。
黒幕が誰かはそれまでの情報で簡単にわかっちゃうけど、それを推理するようなゲームでもないと思うしね。
とりあえず病弱ボクっ娘が素敵すぎる。 世を拗ねた感じもとてもかわいい。
後は舞亜が色々と健気だったり、咲が主人公に下ネタ言われてびっくりしたり、今までとはちょっと違う部分も見れたりする。
夢で主人公と幸せになった三人のヒロインの行動も素敵だけど、なんだかんだ有栖にべた惚れの主人公もかっこよかったかなー。
ラストのシーンを見て、夢が終わった後の皆の現実が幸せであることをとても願います。

その他
ノーマルendの女体化主人公のラストシーンがとても綺麗で、つい壁紙にしてしまった・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿