2013年3月31日日曜日

流星☆キセキ -SHOOTING PROBE-

今回も今回で適当な雑感書いていきます。いつも通りネタバレ注意。





攻略順は

桜→もも→向日葵→トゥインク→望→明日香
望と明日香はサブヒロインで、ルートもほんとおまけだからあまり気にしなくていいかな。
やってみてのお勧め順は
もも→桜→向日葵→トゥインクだろうか。トゥインクさえ最後なら好きにやっていいかなって気もする。

ストーリーとしては、トゥインクを宇宙に帰すためにロケットを完成させるっていうのが一番大きい筋かな。
でも実際には一番難しいはずのロケット制作は簡単に進んじゃって、ヒロインが関係ないところで何か問題を自分で作ってるっていうのが多かった感じ。
細かいところはルートごとの雑感で書くけど、ヒロインの魅力が全体的に足りてなかったんじゃなかろうか。

桜ルート

一言でいってしまえばよく見かけるテンプレのツンデレ幼馴染。
どうでもいいことで怒って飛び出したりするあたり、リアルっぽいけどちょっと面倒だなぁって思っちゃうヒロインである。

ラストの方では、桜が海外に留学するかどうかっていうところが問題の核になるんだけれど、決定権が結局桜にあるんだからどうでもいいなぁと思ってしまった。
そもそも別に留学しなくても医者になるのくらい(ロケットを作るよりは)全然楽勝だろうし。
というか海外の情勢がいろいろ危なくなってるみたいだったけど、留学とかして大丈夫なのかな。
最終的には留学しないことを選んだんだけど、僕の桜(と主人公)のイメージ的には留学しそうだと思ってたから、ちょっと違和感が・・・

ももルート

普段は猫を被ってる腹黒お嬢様キャラ。実際のところその設定がキャラ付けに生かされていた気はあまりしないけれど。
体験版時点ではそこそこ好きなキャラだったけど、ルート入ってからはもうどうしようもない感じに・・・
 主人公に構ってもらえないからってお見合いするとか言い出した時にはえー・・・としか思えなかった。
なんかこう、将来結婚して主人公が単身赴任とかしたら、寂しくて浮気したけど貴方が悪いのよとか言いそうな気がする。

ストーリー的にも、僕がキャラを好きになれなかったのを抜いても、ご都合主義な展開が連続で起こってめでたしめでたしで終わる感じで微妙。
メインヒロインの中で唯一トゥインクを星に帰す前で終わってるし、凄い中途半端な感じ。

向日葵ルート

ルート入ってから付き合うまでのマイナス思考っぷりはちょっと酷いけど、後は全体的に可愛かったんじゃないでしょーか。
初めてのH(未遂だけど)が成り行きっていうか、流れでしそうになってたのはちょっと残念だったけど・・・
まぁ他キャラだと初めてが屋外だったりするんだし、そんなもんなのかねー。

最初から一貫して、問題は向日葵の足の怪我の話。
トラウマを抱えて諦めていたハイジャンプに、もう一度チャレンジするっていうのがメインになるのかな。
医者は大丈夫って言ってたけど、ちょっと練習するたびに痛みが出てるっぽくて本当に大丈夫なのかなぁって思った。
まぁ主人公の前向きさが活かされてたり、トゥインクが向日葵のために協力したりなかなか良かったかな。
向日葵父はなかなか良いキャラしてたんじゃないかな。主人公と語り合ってる姿に嫉妬してる向日葵も可愛かった。

トゥインクルート

トゥルーとかではないけれど、一応メインルートと言っていいのかな。
基本的に大きな問題はなく、トゥインクとの別れに関するお話ですね。
山場もないけど、大体綺麗にまとまってたんじゃないでしょーか。
個人的な趣味でHシーンは罪悪感で楽しめなかったけど、日常シーンのトゥインクは可愛かったし。
クリア後の起動画面は結構お気に入りです。

のー先輩の変身後の見た目が、なんか悪の秘密結社の女幹部とかそんな感じで酷かった・・・

望・明日香ルート

ルート入ってすぐHシーンがあって、そのまま終わる感じの短いルート。
望先生は可愛い部分も見えて良かったと思うけど、短すぎてなんとも・・・
明日香ルートに関しては、正直作りが雑すぎてルートないほうが良かったと思えたレベル。
好きなキャラだった分、余計になんだかなぁって思いが強くなってるのもあるだろうけれど。

0 件のコメント:

コメントを投稿