2013年8月1日木曜日

乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris-

そんなわけで続いて乙女理論とその周辺の雑感も書いていきます。ネタバレ注意。
基本的に楽しんでたのであんまり書くことがないのと、疲れてるので若干適当かも。


続編とFDの中間のような内容ですが、全体的なボリュームは結構あるので値段を考えてもかなり楽しめるほうなんじゃないでしょうか。
アペンドのほうはボイスありなのに、こっちにはボイスないっていうのは地味に残念ですが・・・
そのうちセット販売でこっちのボイスが特典で付いたりしそうだけど、もしそうなった時はパッチを是非配布してほしいなぁ。

攻略順は
エッテ→メリル→りそな

エッテルート 

遊星を好きになってからのメリルとの関係が結局まともにでなかったけど、一体どうなっていたのかなー。
個人的にはもっとエッテとメリルの絡みはあっても良かったんだけど・・・
なんていうか普通に性格いいし可愛いんだけど、これといって言うことがないなぁ。

メリルルート

なんかこう、他のルート含めていろいろと酷い目にあったヒロインでしたね。
家追い出されるし、監禁されるし、作った服燃やされるし。
こういう純粋系のキャラの泣き顔がとても苦手なのでなんとも・・・
でも好きだったスルガさんが修道院の時も普通に優しいままでよかったなー。
あんまり好きじゃなかったアンソニーもなんか良いキャラになってたし。
最後のほうでアンソニーが朝日狙いって言った時の兄二人の反応は凄い笑えたけど。

りそなルート

前作のルナ様ルートにあたるだろうメインルートですね。
共通でもわりと残念だったリリアーヌさんが更に残念になってるけど、あそこまでの悪役として描くなら辛い過去とかいらなかったんじゃないかなぁ。
もしくは、EPでのフォローをもうちょっときちんと入れてほしかったなぁと思う。
歪むだけの過去はあったにしても許せる度を越えてるし、かといってただ打ちのめされるだけだと可哀想っていう凄い中途半端な感じがする。
それにしても、前作だけじゃなくこっちでもルナ様は素敵でしたね。あれは朝日じゃなくても感動するわ・・・
しかし他のルートでもそうだけど、おじいちゃんちょっと適当すぎるけどあれでいいんですかね。
そして兄様はちょっとデレすぎててきもちわr・・・いやなんでもないです。

その他

ジークリンデさんとヴァリーさんは結構好きだったからもうちょっと出番ほしかったなぁ。
軽いルート?あったけど、もうちょっとくらい掘り下げてほしかった。
兄様とスルガさんのルートは遊星じゃなくて朝日のCGだったらとても僕得だったのになぁと思います。
あれ、なんかこのゲームであまりよろしくない属性が複数増えたような・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿