2014年6月29日日曜日

セミラミスの天秤

やる前からわかっていたけど、思ってた以上に僕に合わないゲームだったセミラミスの天秤の雑感書きます。
ルートごとじゃなくて、全体的な感想のみ。
一応ネタバレ注意ですー。




体験版の最後とか、ライターさんのついったーとかで明るい話じゃないのはわかってたんですが、正直思ってた以上に救いがなかったなぁと。
ちなみにダイジェスティブモードで全員クリアしたので、一部見てないシーンがたぶんあるのと、バッドエンドは回収してないです。
正直精神的余裕を考えると、あんまり回収したいなーと思わないですが。

このゲームにおいて一番重要な部分は、結局は愛生が好きになれるかどうかなんだと思います。
僕は愛生に対してむしろ不快感を強くもってしまったので、その時点で楽しめる部分は減ってしまったかなぁと。
愛生にも同情出来る部分はあるんですけど、それ以上に人を陥れてる部分が強いと感じるんですよね。
香澄の陵辱展開とか事前に説明をしていれば自己責任でしかないとは思うけど、 説明していないのは愛生の場合故意としか思えないし。

ついでに賛否両論あるだろう陵辱シーンのお話ですが、正直水城はやめてほしかったなぁと。
香澄は陵辱されるために出されたようなまったく交流がないキャラだったから正直割とどうでもよかったんですが・・・(避ける選択肢もあるし)
選択肢で避けるのが不可能なうえ、行方不明で流される香澄と違ってルートによっては普通に自殺シーンとかあるしとても欝ります。

いまいちこの凄惨なゲームで何を表現していたのか僕はわからなかったのですが、一部のキャラクターにはとても魅力を感じたし、次は是非とももう少しマイルドなものをお願いしたいなぁと。
個人的に凄い読みやすい文章で好きなんですよねー、嵩夜あやさん。

追記 個人的にこのゲームに必要だったんじゃないかと思うもの

所詮ハッピーエンド好きの人間の妄言でしかないとは思うのですが、最後まで落ちる前に救い上げられる選択肢orバッドじゃないENDでも愛生の行いに対するしっぺがえしが必要だったんじゃないかなーと。
結局のところこのゲームは、EDを見てもいろいろもやもやが残っちゃうゲームだと思うんですよね。
そうなるように作られている可能性も多分にあるわけですが。

水城を例に出すなら、避けられない陵辱も学校に発覚するのもいいとして、最後に順哉に救われるとかそういうのが欲しかった。
順哉が映瑠に詰め寄っていた時に主人公がお前は何をしていたとか言ってるけど、それって主人公にも言えることなんですよね。
親に連絡手段を断たれていると予想してるなら、何で家まで会いに行ったりしなかったのか?
そこで順哉を炊きつけたりしていれば、少なくとも出来ることはやれたかなと思って心置きなくいちゃいちゃ出来るんですが。

ただキャラクターが理不尽な目にあうだけのゲームだと、結局僕にとって得るものが何もないんですよね。
世の中が理不尽なことなんて言われなくてもわかってるし、僕がリアルで取れない選択肢こそを主人公には選んで欲しいのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿